キャッシングの審査を必要以上に恐れる必要はありません

ちょっと前の話ですけど、友人の結婚が相次ぎ、どうしてもお金を工面し無ければいけなくなりました。

そこで初めてキャッシングを利用することに。個人的なイメージでキャッシングの審査は厳格で、自分のような入社数年のペーペーなサラリーマンは審査で落とされると思っておりました。その時の年収はだいたい200万円に届かないくらい。

何かの本に年収が250万円ないと余程の大企業に勤めていない限り審査を通らないと書いたあったのでほとんどダメ元な気持ちでした。

でも実際審査はそれほど時間が掛からず終わり、最終的には希望通りの額を借りることができました。あと会社に在籍確認の電話があったようですけど、消費者金融の名前を出さなかったみたいで、周りにもキャッシングの在籍確認だとバレなかったみたいです。

今でこそキャッシングが一般化していますけど、やっぱり消費者金融からお金を借りると変な目で見らるのではないかと、その当時は頭の中が被害妄想でいっぱいになってしまいますから。

ともかくキャッシングでお金を借りれたおかげで、数件続いた友人の結婚式にもすべてご祝儀を出すことができました。返済はリボ払いで時間を掛けたおかげで無理なくできました。

考えるよりまず行動です。私のようなものでもキャッシングの審査を通過できたのですから。

このページの先頭へ