消費者金融と銀行系カードローンの違いについて

消費者金融や銀行系カードローンを利用する際に、メリットデメリットについて知っておくべきです。

というのもどちらにも一長一短があり、自身の利用用途に合致した方を選択するべきでしょう。

ひとまず消費者金融と銀行系カードローンの最大の差異は『総量規制』の存在です。

総量規制とは年収の1/3以上の借入を禁じた法律のことですが、実は銀行系カードローンは適用されません。

つまり今現在消費者金融で年収の1/3を借入しているからといって、必ずしも新規借入ができないわけではありません。銀行系カードローンに限定すれば借入できる可能性はあるのです。またそれだけでなく大半の銀行系カードローンは金利が消費者金融に比べ低く設定されています。すると銀行系カードローンには魅力が一杯に思えます。

しかし銀行系カードローンは基本的に審査が厳しいとされていますし、また即日カードを受け取れる銀行はまだ少ないです。

一方、消費者金融は即日カード受け取りや振込融資は当たり前ですし、大手消費者金融に限定すれば新規借入者を対象に無利息サービスが実施されています。無利息期間内に返済可能の見込みがあれば、金利は関係ありませんから、消費者金融の方が得でしょう。

上記のように両種にメリットデメリットが存在します。

是非、自身の用途に応じた方を選んでください。


このページの先頭へ