ブラックリストでも借り入れをすることはできるか

ブラックリストだから借り入れをすることができなくなってしまった。

このように考えて、借り入れをすることをあきらめている人は少なくないでしょう。ブラックリストとはそのようなリストがあるわけではなく、信用情報機関の個人信用情報の事故情報のことをわかりやすくそう呼んでいるにすぎません。個人に融資やクレジットカードの発行している会社はほとんどすべてが信用情報機関に加盟しており、3つある信用情報機関は情報を共有しています。信用情報機関は個人の信用情報を収集と管理をしており、加盟会社の依頼によって情報を提供しています。事故情報は返済延滞や自己破産や債務整理などのいわゆる金融事故の履歴を記載しており、この事故情報に記載があれば、借り入れの審査が通りにくい状態であることは間違いありません。

しかし、ブラックリストだから絶対に借り入れができないというわけではありません。それはブラックリストに記載されている金融事故で融資をしたとしても法的には問題がないからです。ブラックリストに記載されているような金融事故があったとしても、融資を実行するかどうかの判断をするのはあくまで融資を実行する金融機関の判断によるからです。


このページの先頭へ