キャッシングの総量規制とは

キャッシングの「総量規制」という言葉を耳にすることも多いと思います。

そこで、こうした総量規制と言うのは、いったいどういったものなのでしょうか。

まず、こちらの総量規制と言うのは、たとえば、お金の貸し過ぎであったり、また、さらには借り過ぎなどを防止するために作られた、新しい規制となっています。

こうした規制があることで、貸金業者などから借りることができる金額などに制限が設けられています。

こちらは、改正貸金業法の施行で、平成22年からということで、数年前から実施されています。

具体的にはまず、キャッシングしている総額などが、年収の3分の1以上の場合などは、新たな借り入れが出来なくなっているというものになります。

しかし、これは、貸金業者などの借り入れになりますので、銀行などの借り入れなどは対象外となっています。

ですので、貸金業者などからキャッシングをしたい、という場合はこちらの総量規制に引っかかってしまう場合があります。

また、貸金業者にキャッシングの申し込みなどをする際には、自分の年収などを証明する書類などが必要とされる場合があります。

しかし住宅ローンであったり、車のローンであったりなどは対象外となります。


このページの先頭へ